2012年7月15日日曜日

ビーガンランチ会

友達カップルが最近ビーガンな食生活を送っている。ビーガンは完全菜食主義で、動物性の食品(卵、乳製品なども含む)を一切とらないってこと。でも友達曰く、ご飯がおいしくて食べ過ぎるとの事。

今日はそのお友達カップルをお招きして我が家でランチ会。お招きしたと言っても何を準備していいかわからなかったので、全部食べ物を持って来ていただいたんですが。彼女達の場合、オリーブオイルなどの油もとらないそうな。(でもワインはオッケーらしい)
Whole wheatのパスタにトマトソース、パン、ハマスに生野菜、サラダ、とうもろこし、ビーガンホットドックにベジバーガー、グリルした野菜、などなどなど。確かに素材の味に敏感になっておいしいかもー。

でも、私は1日も続かなそうだな。この食事のあと、無性にアイスクリームが食べたくなって、いきなり動物性脂肪たっぷりとっちゃったし。

オットのペスカタリアン(肉を食べないがシーフードは食べる)には3年以上ゆるーくつき合ってきたけど、シーフード好きの私としてはあまり苦じゃなかった。妊娠を機に、慎重に選んだ肉を週に1、2度は食べるようになったので、もはや我が家はペスカタリアンではないんですが。

いろんな食に対する考え方があり、何が一番安全、かつ健康なのかよくわからないけれど、できる限り素材選びに気をつけて、バランス良くおいしいものをおいしく食べて、ストレスのない生活をしたいものである。それが、我が家流、健康的な食生活!?
・・・それにしても、私は最近、糖分撮り過ぎだから気をつけなきゃねぇ。

1 件のコメント:

  1. CNC machining can create practically any form, while the capabilities of 3D printing are Double Sided Tape limited to the supplies which have been adapted into feasible filaments. Generally talking, 3D printing is used to provide prototypes and has relatively low speed in comparison with} CNC machining. Because of this, it is not environment friendly for producing massive quantities. While CNC machining has created tremendous new alternatives for every kind of companies, it has also led to less typical machining and ultimately, some unemployment.

    返信削除