2008年10月29日水曜日

永住権への道のり ~進捗状況~

 6月末に永住権関係の書類をすべてそろえて提出してから早半年。その後の進捗状況を少々ご報告。

 まず、9月頭に引っ越したので、住所変更届を記入して送付。(引っ越し後10日以内にしなければならないようだ)そして、9月中旬に、Advance Paroleという必要なときに国外に出てもアメリカ再入国を許可してもらえる書類(2通)と、労働許可書(IDみたいなカード。8月の指紋採取の時に撮った写真と指紋が載ってる)が届いた。旧住所あてだったが、転送されてきた。
 
 そして10月中旬。移民局から手紙が届く。これまた旧住所あてで転送。その手紙によると“おめでとう!あんたのアメリカの永住権申請が許可されたよ。3週間以内にカードが届くはずだぜ。ようこそアメリカ合衆国へ”的な内容が書かれていた。一瞬頭の中が????でいっぱい。あれ?永住権って面接が必要なのでは???その後、弁護士の人の話によると、私は最近(といっても3月)婚約者ビザの申請のため、アメリカ大使館で面接を受けたばかりだということでどうやら面接は免除されたらしい。そんなことってあるのか?

 とにかく、よかったよかったと、首を長ーくして、毎日ポストをのぞいていた私。もうすぐ3週間が経とうとしているのに届かない。ちょっと不安になり、移民局のHPでステイタスを確認してみた。
すると、“Card Returned as Undeliverable”という文字が。ノォォォォォォォォォォォォォォォ!これまで無事に転送されたので、大丈夫だと思っていたのに、どうやら、郵便局から移民局に戻されてしまったらしい。旧住所はここから1分だというのに、すぐそこまで来て、また戻されてしまったとは!かわいそうな私のグリーンカード。かわいそうな私!?

 これまでけっこう順調だったのに、最後の最後でこれ。ふぅ、これから移民局に電話していろいろ手続きしなければなりません。

・・・それにしても、住所変更届はちゃんと出してるのに、1か月以上経っても処理されていないということですな。まぁ、最初からアメリカの事務仕事は信用していないけどさ。

≪教訓≫
 住所変更の手続きは、ペーパーで提出するより、Onlineで処理したほうがよいように思われる。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

1 件のコメント: